もっと知りたい花魁

「花魁」、もちろん「おいらん」と読みます。
これは、18世紀半ばころからよばれるようになったと言われています。
それまでは、「太夫」(たゆう)と言われることが一般的で、「傾城」(けいせい)と呼ばれることもあったそうです。
このあたりの移り変わりについてはまだはっきりしていないようですが、いずれも教養と美貌をあわせ持った遊女であることのようです。
映画やドラマで花魁の容姿が描かれていることがありますが、着物や帯、小物などとても特徴的であることがうかがえます。

当店では、そうした花魁の華やかさ、美しさそして、人々を魅了する容姿を現代風にアレンジすることで、当時の遊女に想いをはせる
ことができればと、お着付け、お化粧しています。
こちらでは、折角ですので、少し花魁のことをご紹介させて頂きますので、ご興味のある方は目を通して下さい。


花魁の歴史

花魁というと映画などの影響もあり江戸の吉原を思われる方が多いかと思いますが、京都の島原では「太夫」とよばれていました。

詳しくはこちら「花魁の歴史

花魁の衣装

花魁の特徴の一つである長い裾の着物は、打掛けまたは掻取掛けといいます。公家の女性の衣裳から発展した打掛は、室町時代から

詳しくはこちら「花魁の衣装